セーター袖口リブの摩擦による穴あき修理のご依頼です。

ニットの袖口は摩擦などの負荷が掛かりやすいため、トラブルは多いようです。

今回のようなリブ編みは、表目と裏目が交互に編まれているので元通りになりにくい編地の一つと言えます。

ニットのいかなるトラブルも、あきらめる前にぜひ私たちにご相談ください!

創業65年、ニット職人の確かな技術
【これで安心!ニット119番】