ニット、セーターの脇の下破れの修理は、シーズン問わずとても多いご依頼の一つです。

着脱時に負荷が掛かる上に、着用時の擦れによって摩耗してしまい、糸が切れやすい状態になってしまうことが原因のようです。

摩耗で糸がやせているため、切れてしまうととても大きな穴が開いてしまうことも。。

そんな時にはぜひニット119番にご相談ください!

創業65年、ニット職人の確かな技術
 【これで安心!ニット119番】