ニット袖口の擦り切れやぶれ修理のご依頼。

着用機会の多いお気に入りニットは、どうしても強度の弱い部分から破損します。

袖口リブはその代表的な部位の一つと言えそうです。

擦り切れてやぶれた際は、慌てて糸を切らずにそのままの状態でご連絡ください。

ニットのスペシャリストがよみがえらせます!

創業65年、ニット職人の確かな技術
 【これで安心!ニット119番】