モンクレール袖がニットのダウンジャケットの袖丈つめ・お直しのご依頼です。

袖山の袖付け部分を外して直す方法は、本来簡易なお直し方法として用いられますが、今回身頃はダウンなのでそうはいきません。

もし、知らずに袖付け部分を外そうものならダウンの中の羽毛が噴出し、取り返しのつかない事態になってしまいます。

ニット119番の選択は、迷わず袖口詰めAコース(袖口部分を切断して寸法分カットし、編み直して元通りに仕上げる)のご提案です。

編み目の細かいハイゲージのゴム地編み(総針編み)なので最も時間を要する作業となりコストは掛かりますが、修理前と全く遜色ない仕上がりを見ればきっとご満足いただけるはずです。

こだわりの一着だからこそ、私たちにお任せください!

創業65年、ニット職人の確かな技術
 【これで安心!ニット119番】