春霞のころから紫外線量も増え始めます。

紫外線はシミ・しわの原因につながるマイナスイメージもありますが、ある程度しっかり摂取することは大切です。

紫外線は腎臓の骨形成に欠かせないビタミンDの代謝をスムーズに行う働きを促すからです。

シミ・しわ対策の基本はバリア機能を高めることだと言われておりますが、ではどうやって?

角質層の保湿です。

皮膚の内側から水分保持能(潤いを蓄える力)を高めましょう。

皮膚の水分保持能の【改善】が認められたファイエット薬用保湿クリームをお試しください!

つむぐ、ひとと、暮らし
【Fay薬用保湿クリーム】